個人情報を安全に保護 無料で30日間アプリ体験
パスワード未分類

Windows10/11のパスワードを忘れた!再設定・変更方法について解説

Windowsパソコンのパスワードを忘れてしまい、サインインできなくて困ったことはありませんか?

久しぶりに使うWindowsパソコンでパスワードを忘れてしまった場合など、パスワードがわからないときは確認方法やパスワード以外でサインインする方法はないか、気になる人も多いと思います。

この記事ではWindows10/11のパスワードを忘れた場合の対処法や再設定(リセット)方法を詳しく解説します。

Windows10/11のパスワードを忘れた時は再設定(リセット)が必要

Windowsパソコンにサインインするパスワードを忘れてしまった場合は、確認方法はなく、再設定(リセット)が必要です。

再設定(リセット)の手順は使用中アカウントの種類によって異なるため、まずは使用しているWindowsパソコンのアカウントを確認しましょう。

ここでは、Windowsパソコンの2種類のアカウントの違いと、アカウントの確認方法について解説します。

すでにWindowsパソコンのアカウントを把握している場合は、「【Microsoftアカウントの場合】PIN(パスワード)を忘れた時の変更方法」、または「【ローカルアカウントの場合】パスワードを忘れた場合の変更方法」からパスワードを再設定しましょう。

Microsoftアカウントとローカルアカウントの違い

Windowsパソコンには「Microsoftアカウント」と「ローカルアカウント」の2種類があり、アカウントごとにサインイン方法やデータの同期が異なります。

ここでは2種類のアカウントの主な違いについて説明します。

サインイン方法

Microsoftアカウントとローカルアカウントではサインイン方法が異なります。

MicrosoftアカウントではPINを入力しますが、ローカルアカウントではパスワード、もしくはWindows Hello(PIN/顔認証/指紋認証)※を使ってサインインします。

Windowsのアカウントの違い

Windows Helloとは

Windows Helloとは、Windows10/11に新しく搭載されたサインイン方法です。
PIN、または顔認証や指紋認証などの生体認証を使い、より安全かつ素早くサインインが可能です。

またPINという言葉に馴染みがない方もいるかもしれませんが、WindowsではMicrosoftアカウントでもPIN認証が使われています。
一般的にパスワードとPINは以下の違いがあります。

パスワードPIN
インターネットを経由して情報と照合するため、IDとパスワードがわかれば、どの端末からもサインインできる端末に紐づくため、万が一PINが外部に流出しても、そのPINを設定した端末でないとサインインできない

ただし、Windowsローカルアカウントにおいては、一般的なパスワード・PINと異なります。

Windowのローカルアカウントの場合、パスワード・PIN問わず端末に紐づくため、設定した端末でのみログイン可能です。

そのため万が一、パスワードやWindows HelloのPINの情報が第三者に流出しても使用しているパソコンが盗まれない場合はサインインされるリスクがありません。

【参考情報】
Microsoft | Windows Hello の概要とセットアップ

データ同期

2つ目の違いは、データの同期の扱い方です。
Microsoftアカウントは、データがオンライン上に保存され他端末を使用する場合も、データの同期が可能です。

一方、ローカルアカウントの場合はパソコン内部に保存されるため、他端末との同期はできません。

●Microsoftアカウント
Microsoftアカウントを使用するためには、インターネット接続が必要です。

データはオンライン上に保存されるため、複数のパソコンを使用する場合でも、同じMicrosoftアカウントを使うことで、壁紙やブラウザのお気に入り、アプリなどを共有できます。

●ローカルアカウント
ローカルアカウントは個々のWindowsパソコンに紐づくアカウントのため、同じID/パスワードを他のパソコンに設定しても、設定などは同期されません。

【参考情報】
NEC LAVIE公式サイト | Windows 10でのローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違いについて

Windows10/11のアカウントの種類を確認する方法

サインインしていない状態でのWindowsパソコンのアカウントを確認する方法を解説します。

Windowsを立ち上げた直後のサインイン画面で、アカウントの種類を識別することができます。

パスワードやPINの設定方法はアカウントの種類によって異なるため、まずは以下を参考にアカウントの種類を確認しましょう。

Microsoftアカウントの場合

サインイン画面の入力フォームに「PIN」、フォームの下に「PINを忘れた場合」と書いてあります。

WindowsのMicrosoftアカウンのログイン画面
ローカルアカウントの場合

サインイン画面の入力フォームに「パスワード」と書いてある、もしくは「PIN」と書かれているが入力フォームの下に「サインインオプション」と書いてあります。

Windowsのローカルアカウンのログイン画面
Windowsのローカルアカウンのログイン画面

Windows Helloを使用している場合は、ローカルアカウントでもサインイン画面の入力フォームに「PIN」と表示されます。そのため、フォーム下のテキストでアカウントの種類を確認しましょう。

【Microsoftアカウントの場合】PINを忘れた時の変更方法

MicrosoftアカウントのPINを忘れた場合の変更方法を解説します。
※一般的にPINは端末に紐づくものですが、MicrosoftアカウントのPINはオンラインデータと連携しているため、他の端末でも普段使用しているWindowsパソコンの設定が同期されます。

この記事ではWindowsパソコンの仕様に合わせてPINで表記します。

MicrosoftアカウントのPINを変更する場合は、一度Microsoftアカウントにログインし、WindowsパソコンにログインするPINを再設定します。

以下の手順に沿って変更しましょう。

MicrosoftアカウントのPINを変更する手順 ※クリックして開く
STEP
サインイン画面の「PINを忘れた場合」をクリックします。
PINを忘れた場合

STEP
Microsoftアカウントのパスワードを入力します。

Microsoftアカウントのパスワードを忘れた場合は、こちらをご確認ください。

Microsoftのパスワードを入力する
STEP
本人確認のお願いで、コードを送る電話番号を選択してください。

メールアドレスを選択するとメールアドレスにコードが届きます。

ご本人確認のお願い

STEP
送られてきたコードを入力します。
コードの入力

STEP
「続行」を押して、パスワードをリセットします。
WindowsのMicrosoftアカウントでPINを再設定する
STEP
新しいPINを設定し「OK」をクリックして、再設定(リセット)完了です。
WindowsのMicrosoftアカウントでPINのセットアップ

【ローカルアカウントの場合】パスワードを忘れた場合の変更方法

ローカルアカウントのパスワードを忘れてしまった場合は、あらかじめ設定した本人を特定するための「秘密の質問」、あるいは「パスワードリセットディスク」を使ってパスワードを変更します。
以降でそれぞれの変更手順について解説します。

ただし、「秘密の質問」「パスワードリセットディスク」を事前準備していない場合は、パソコンを初期化するしか手段がありません。

初期化の方法については、お使いのメーカーにお問い合わせください。

【参考情報】
NEC LAVIE公式サイト | パソコンを初期化する方法
HP LIVEサポートナビ | Windows を初期状態に戻したい(Windows 10)
富士通 FMVサポート | [Windows 10] 「このPCを初期状態に戻す」(リカバリ)の実行方法を教えてください。
デル・テクノロジーズ | Dell Networking X-Series: 工場出荷状態への初期化手順
dynabook | 各種サポート / サービス

秘密の質問を使ってサインイン画面からパスワードを変更する

「秘密の質問」は、あらかじめ設定した質問とその回答の組み合わせで、本人確認を行う機能です。

「秘密の質問」を使ってパスワードを変更するには、あらかじめ質問と回答を設定しておく必要があります。

サインインしているときに「秘密の質問」を設定していた人は以下の手順を試してください。
Windows10/11どちらも共通の手順で確認可能です。

秘密の質問を使ってパスワードを変更する手順 ※クリックして開く
STEP
「PIN」と表示されている場合は「サインインオプション」をクリックします。
サインインオプション

STEP
鍵マークをクリックするとパスワード入力画面に変わります。
Windowsのログイン画面で鍵マークをクリック
STEP
誤ったパスワードを入力すると、選択肢に「パスワードのリセット」が表示されるので「パスワードをリセット」をクリックしてください。
パスワードのリセット

STEP
表示された3つの質問に回答します。
秘密の質問を回答する

STEP
新しいパスワードを入力すると、パスワードの再設定(リセット)が完了します。
新しいパスワードを設定する

パスワードリセットディスクを使用して変更する

パスワードリセットディスクとは、ローカルアカウントで設定しているパスワードをリセットし、新しいパスワードを設定できる機能です。

Windowsにサインインできている状態で、CD-RやUSBメモリなどの書き込み可能なリムーバブルディスクを使い、事前にパスワードリセットディスクを作成している場合は、パスワードを忘れた場合にリセットできます。

USBメモリなどの外部ストレージにパスワードリセットディスクを作成している人は以下手順をお試しください。

以下は富士通公式サポートで紹介している手順です。

パスワードリセットディスクを使用する手順 ※クリックして開く

1.パソコンの電源を入れます。

2.Windowsのサインイン画面が表示されます。

3.作成したパスワードリセットディスクをパソコンにセットします。

4.パスワードリセットディスクを作成したユーザーアカウントのアイコンをクリックします。

5.パスワード入力欄の右側にある、右向きの矢印が描かれたボタンをクリックします。

6.「パスワードが正しくありません。入力し直してください。」と表示されます。
「OK」ボタンをクリックします。

7.Windowsのサインイン画面に戻ります。
パスワード入力欄の下の「パスワードのリセット」をクリックします。
※アドバイス
セキュリティの質問が表示された場合は、画面をスクロールし、「代わりにパスワードリセットディスクを使用する」をクリックします。

8.「パスワードのリセットウィザードの開始」が表示されます。
「次へ」ボタンをクリックします。

9.「パスワードリセットディスクの挿入」と表示されます。
「パスワードキーディスクがあるドライブ」欄にある、「下向き矢印」ボタンをクリックし、表示される一覧から、パスワードリセットディスクのドライブをクリックします。

10.「次へ」ボタンをクリックします。

11.「ユーザーアカウントパスワードのリセット」と表示されます。
「新しいパスワード」欄に、新しく設定したいパスワードを入力します。

12.「新しいパスワード」欄に入力したパスワードを「パスワードの確認入力」欄に入力します。

13.「新しいパスワードのヒントを入力してください」欄に、このパスワードを忘れた場合に、思い出すためのヒントを入力します。
※アドバイス
ヒントは、誰でも参照できます。自分にしか分からないヒントを入力してください。

14.「次へ」ボタンをクリックします。

15.「パスワードのリセットウィザードの完了」と表示されます。
「完了」ボタンをクリックします。

16.Windowsのサインイン画面が表示されます。
パスワード入力欄に、手順11.で新しく設定したパスワードを入力します。

17.パスワード入力欄の右側にある、右向きの矢印が描かれたボタンをクリックします。

18.正常にWindowsにサインインできたことを確認します。

19.パスワードリセットディスクを取り外し(取り出し)ます。

引用元:FMVサポート | パスワードリセットディスクを作成する

Windows10/11にサインインしている場合のパスワード変更方法

Windowsパソコンにサインインしている場合でも、より推測されにくいパスワードに変更したい、あるいはパスワードを第三者に盗み見されてしまった可能性があるなどの理由で、パスワードを変更する場合があります。

Windowsパソコンにサインインしている状態でのパスワード変更方法もアカウントの種類によって異なります。

ここでは、サインインしている場合のアカウントの種類の確認方法と、Microsoftアカウント/ローカルアカウントそれぞれのパスワード変更方法を解説します。

サインインしている状態でアカウントの種類を確認する

WindowsパソコンにはMicrosoftアカウントとローカルアカウントの2種類あり、パスワードの再設定(リセット)方法は、それぞれ異なります。

まずは使用しているアカウントの種類を確認します。

Windows11でアカウントの種類を確認する ※クリックして開く
STEP
[スタート]を右クリックし、[システム]を選択します。
Windows11のシステム設定を開く
STEP
[アカウント]を選択し、[ユーザーの情報]をクリックします。
Windows11のアカウント画面

STEP
「アカウントの設定」の表記で、アカウントの種類を確認しましょう。
Microsoftアカウント
Microsoftアカウントの場合

ローカルアカウント
ローカルアカウントの場合
Windows10でアカウントの種類を確認する ※クリックして開く
STEP
[スタート]を選択し、[設定」をクリックします。
Windows10の設定ボタン

STEP
ユーザー名の下に書かれている表記で、アカウントの種類を確認しましょう。
Microsoftアカウント
Microsoftアカウントの場合
ローカルアカウント
ローカルアカウントの場合

Microsoftアカウントの場合

MicrosoftアカウントのPINを変更するために、まずはMicrosoftアカウントにアクセスする必要があります。

Microsoftアカウントのパスワードを忘れてしまった場合は、こちらをご確認ください。

PINの変更方法は以下をお試しください。

MicrosoftアカウントのPINを変更する手順 ※クリックして開く
STEP

まだサインインしていない場合は、更新するアカウントのユーザー名と現在のパスワードを使用してサインインしてください。

STEP
上部メニューバーの[セキュリティ] を選択し、[パスワードを変更する]をクリックします。
セキュリティ

STEP
現在のパスワードと新しいパスワードを入力し、「保存」をクリックします。

パスワードの変更

ローカルアカウントの場合

ローカルアカウントの場合、パスワードの変更方法は以下の通りです。
Windows10/11どちらも共通の手順で変更可能です。

ローカルアカウントでパスワードを変更する手順 ※クリックして開く
STEP
[スタート]を右クリックし、[システム]を選択します。
Windows11のシステム設定を開く
STEP
[アカウント]を選択し、[サインインオプション]をクリックします。
サインインオプション

STEP
「パスワード」をクリックして、「変更」を選択してください。
パスワードを変更する

STEP
現在のパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
個人用パスワードの変更で現在のパスワードを入力する
STEP
新しいパスワードとパスワードのヒントを設定して「次へ」をクリックすると、新しいパスワードに変更されます。
新しいパスワードを設定する

Windows10/11のパスワードを忘れた場合に困らないための対策

パスワードはセキュリティを確保するために重要なものですが、万一、忘れてしまうと再設定(リセット)する方法を調べるなどの手間がかかります。

ここではWindowsパソコンのパスワードを忘れた場合にも困らないよう、事前にできる対策を紹介します。
以降の対策は1つだけではなく複数の方法を組み合わせ行いましょう。

安全で覚えやすいパスワードを設定する

まずは、安全で覚えやすいパスワードを設定することが重要です。
覚えやすいフレーズと自分なりのルールを組み合わせる、あるいはアプリやサービスを使用して、安全で覚えやすいパスワードを設定してください。

以降の記事でパスワードの安全性を高めるコツや作り方を紹介しているので、新しいパスワードを設定する場合はご参照ください。

【関連記事】

アプリなどでパスワードを管理する

安全なパスワードを設定した後は、パスワードそのものを管理する方法が大切です。
パスワードの管理方法には、以下のような方法があります。

  • パスワード管理アプリ・ソフトを利用する
  • 表計算ソフトで管理する
  • 紙やノートに書き留める
  • ブラウザのパスワード管理機能を利用する

安全なパスワードを設定しても、適切に管理しないと不正ログインされる恐れがあります。
以降の記事で紹介されている4つの管理方法を確認して、パスワードを適切に管理しましょう。

【トレンドマイクロのパスワード管理アプリの紹介】

トレンドマイクロ IDプロテクションは、パスワードの安全な管理機能を備えたアプリです。

アプリに保存したパスワードを呼び出して、キーボードで文字を入力せずに簡単にログインすることができます。

また推測されにくいパスワードを自動で生成できるため、パスワードの使いまわしを防ぐことが可能です。

以下のアプリストアより、無料でダウンロードしましょう。

トレンドマイクロ IDプロテクション無料体験版

QRコードからもアプリのダウンロードが可能です

・トレンドマイクロ IDプロテクションのパスワード管理機能」

複数パスワードの保存
安全なパスワードの自動生成
トレンドマイクロ IDプロテクションのその他の機能
※クリックして詳細を見る

・個人情報漏えい監視
メールアドレス、クレジットカード情報などの個人情報がインターネットやダークウェブに流出していないかを常時監視できます。

情報流出時の対処支援
モニタリングしている個人情報の流出が確認された場合、セキュリティアドバイザーによりメール・電話にて対処方法の支援を受けることができます。

・SNSアカウントのプライバシー保護
SNSアカウント(Google/Facebook/Instagram)に不正利用があった場合に、お客さまのメールに通知したり※1、アカウントのプライバシー設定が安全であるかチェックしたりできます。※2

※1 すべての不正利用を検知することを保証するものではありません。Google および Facebook、Instagramが対象です。
※2 Windows および Mac のブラウザ拡張機能でのみご利用いただけます。

・インターネット利用時のプライバシーの保護
追跡型広告に利用されるWeb閲覧履歴など、広告主や攻撃者による情報収集を防止することで、お客さまのプライバシーを守ります。

・危険なWebサイトを警告
閲覧しているWebサイトが個人情報を盗む不正サイトでないか確認し、不正サイトと判定した場合に警告します。Chrome および Edge のブラウザ拡張機能でのみご利用いただけます。(Windows/Macデバイスのみ対応)

【関連記事】

生体認証を設定する

生体認証を事前に設定すれば忘れてログインができないリスクもなく、より手軽に、安全にWindowsパソコンを使うことができます。

最近のWindowsパソコンでは生体認証機能付きのものもあるため、事前に登録しておきましょう。

生体認証の設定する手順 ※クリックして開く
STEP
[スタート]をクリックし [設定]を選択します。

Windows11の場合は[スタート]から[システム]を選択してください。

Windows10の設定ボタン
STEP
[アカウント]をクリックします。
アカウント

STEP
[サインイン オプション]をクリックすると、「サインインする方法」の下に、Windows Helloでサインインするための3つの選択肢が表示されます。
サインインオプション
STEP
設定したい認証方法をクリックし、[セットアップ]を選択します。
セットアップ
STEP
Windows Helloの説明が表示されるので、確認後[開始する]をクリックします。
Windows Helloへようこそ
STEP
Windows Helloの「PIN」を入力し、[OK]をクリックすると顔認証の設定が始まります。
ユーザーを確認しています。

セキュリティの質問を設定する

セキュリティの質問を設定することで、パスワードを忘れた場合でも、質問の答えを入力しパスワードを再設定(リセット)することができます。

セキュリティの質問は、他の人にはわからず、あなたが答えを忘れないものを設定してください。

Windows11で秘密質問を設定する手順 ※クリックして開く
STEP
「Windows」+「R」でファイル名を指定して実行を開きます。

STEP
名前の欄に「ms-cxh://setsqsalocalonly」を入力し、[OK]をクリックします。
ファイル名を指定して実行
STEP
「セキュリティの質問1」の答えを選び、答えを入力します。
セキュリティの質問を更新する
STEP
「セキュリティの質問2」「セュリティの質問3」も同じように質問と答えを入力し、[完了]をクリックします。

Windows10で秘密質問を設定する手順 ※クリックして開く
STEP
「スタート」ボタンクリックし、「設定」を選択します。
Windows10の設定ボタン
STEP
[アカウント]をクリックします。
アカウント
STEP
「サインインオプション」をクリックし、パスワードの[セキュリティの質問を更新する]を選択します。
セキュリティの質問を更新する
STEP
「セキュリティの質問を更新する」と表示されるので、ユーザーアカウントのパスワードを入力し[OK]をクリックします。
セキュリティの質問を更新する
STEP
「セキュリティの質問1」から順に質問を選び、答えを入力します。
セキュリティの質問を更新する
STEP
「セキュリティの質問2」「セュリティの質問3」も同じように質問と回答を入力し、[完了]をクリックします。

【参考情報】
FUJITSU | [Windows 10] セキュリティの質問を追加、変更する方法を教えてください。
@ITメディア | Windows 11では「セキュリティの質問」を変更できない?

パスワードリセットディスクを作成しておく

パスワードリセットディスクとは、CD-RやUSBメモリなどにローカルアカウントのパスワードをリセットさせる機能を設定したものです。

サインインしているときに、事前にパスワードリセットディスクを用意しておくと、パスワードを忘れても、リセットし新しいパスワード設定できます。

ただし、パスワードリセットディスクを使えば、誰でも設定済みのパスワードをリセットできるため、悪意のある第三者に渡ると不正ログインされる可能性があります。

正しく管理しなければ保存しているデータの流出につながるため、この記事では推奨していません。

Windows10/11のパスワードを忘れても事前準備をしていれば再設定(リセット)可能

Windowsパソコンのパスワードを忘れてしまった場合でも、事前に準備しておけば、パスワードを再設定(リセット)することができます。

ただし、アカウントの種類によって、パスワードの再設定(リセット)方法は異なるので、まずは種類を確認してから進めましょう。

Windowsパソコンのパスワードを忘れても困らないよう、今回紹介した対策を事前に行うことをおすすめします。

  • シェア
  • 送る
  • 執筆者情報

    ウイルスバスター
    セキュリティトピックス

    ウイルスバスター セキュリティトピックスは巧妙化、多様化するサイバー攻撃やネット詐欺などの脅威からお客さまを守り、安全に、安心してインターネットを活用いただくためのセキュリティ情報を提供するサイトです。
    運営会社:トレンドマイクロ株式会社

    以下コメント欄からこの記事についての感想をお聞かせください。
    お使いのトレンドマイクロ製品についてのご質問は、コメントではなくこちらのページからお問い合わせください。

    同じカテゴリの人気記事

    パスワードを簡単・安全に管理するおすすめの方法を紹介(無料/有料)  パスワードの使いまわしはなぜ危険?対策の重要性を知ろう ”保存したパスワードの一部がウェブ上に漏洩しました”というメールが届いたときの対処法 【簡単3ステップ】安全で覚えやすいパスワードの作り方 Googleパスワードマネージャーでパスワードを保存・管理する方法 Androidのパスワードを忘れた場合の対処法 | 変更・確認する方法はある?

    無料体験版のご紹介

    パソコンやスマホのセキュリティ対策が気になるときは・・・
    まずは30日間、無料体験してみませんか?

    スマホ・タブレットをお使いのお客さま
    (Android/iOS/iPadOS)

    Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

    パソコンをお使いのお客さま
    (Windows/MacOS)

    Microsoftから入手
    • Windows8.1以上をお使いの方は、Microsoft Storeからもダウンロードできます。
    • 無料体験版をご利用の際は、クレジットカードの登録不要!
    • 30日無料体験版は、無料体験期間終了後、自動で有償版に切り替わることはございません。
    • Windows版とMac版ではご利用いただける機能が異なります。詳しくは機能一覧をご覧ください。
    • TREND MICRO、およびウイルスバスターはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
    • 「Android」、「Google Play」はGoogle LLCの商標です。
    • 「iOS」、「iPadOS」、「MacOS」、「App Store」はApple inc. の商標です。
    • 「Microsoft」はMicrosoft Corporation の商標です。
    ▲