個人情報を安全に保護 無料で30日間アプリ体験
パスワード

iPhoneでパスワードを管理・保存する方法 | iCloudキーチェーンの使い方

iPhoneでパスワードを管理・保存したいけど、どうやったらいいか方法が分からず困っていませんか? 

本記事では、iPhoneで利用できる「iCloudキーチェーン」を使ったパスワードの管理方法について解説します。 

色々なサービスを利用しているとそれぞれのアカウントとパスワードを忘れてしまう可能性があるため、適切に管理できるよう把握しておきましょう。 

iPhoneのパスワード管理機能”iCloudキーチェーン”とは? 

”iCloudキーチェーン”は、iPhoneやiPadでパスワードなどのアカウント情報を管理することができる機能です。 

同じアカウントを利用するApple製のデバイスであれば、Safariやアプリのユーザ名、パスワードなどが自動で入力されます。 

また、信頼する人と「共有パスワードグループ」を作成し、パスワードを共有することも可能です。 

【参考情報】 
iCloud キーチェーンを設定する

”iCloudキーチェーン”を有効にする 

iCloudキーチェーンでパスワードを保存・管理するためには、まずiCloudキーチェーンを有効にする必要があります。 
※iCloudキーチェーンを有効にする前に、最新のiOSにアップデートして、Apple IDで2ファクタ認証が有効になっていることを確認してください。 

iCloudキーチェーンを有効にする ※クリックして開く
  1. 「設定」アプリを開き、「[ユーザ名]」をタップする。
  1. 「iCloud」をタップし、「パスワードとキーチェーン」をタップする。 
  1. 「このiPhoneを同期」をオンにする。 

【参考情報】 
iPhoneのiOSをアップデートする
Apple ID の 2 ファクタ認証

iCloudキーチェーンでパスワードを管理(保存/表示/編集)する 

iCloudキーチェーンの機能は、パスワードを保存・管理するだけではなく、保存したパスワードの漏えいリスクを検知したり、2ファクタ認証の確認コードを生成したりすることが可能です。 

iCloudキーチェーンの機能を活用することで、パスワードをより安全に管理することができます。 

ここでは、iCloudキーチェーンで使えるパスワード管理機能をいくつか紹介します。 

iCloudキーチェーンにパスワードを保存する 

iCloudキーチェーンが有効になっていると、SafariなどでWebサイトにユーザ名やパスワードを入力した際にパスワードを保存するかどうかを確認するメッセージが表示されます。 

「パスワードを保存」を選択すると、iCloudキーチェーンにユーザ名とパスワードが保存され、次回同じWebサイトにアクセスした場合に保存したパスワードを使用することができます。

iCloudキーチェーンに保存したパスワードを表示・編集する 

Safariやアプリを利用した際に保存したユーザ名やパスワードは、設定アプリから確認することができます。 

また、保存した情報に修正が必要な場合も、後から設定アプリで編集することが可能です。 

iCloudキーチェーンに保存したユーザ名やパスワードを編集する方法は、以下のとおりです。 

iCloudキーチェーンに保存したユーザ名やパスワードを編集する ※クリックして開く
  1. 「設定」アプリを開き、下にスクロールして「パスワード」をタップする。 
  1. Face ID または Touch ID を使うか、パスコードを入力してロックを解除する。 
  1. Webサイトまたはアプリを選択し、パスワードをタップする。(パスワードの確認) 
  1. 「編集」をタップし、情報を書き換える。 
  1. 「完了」をタップする。 

iCloudキーチェーンで漏えいの危険が検出されたパスワードを確認する 

iCloudキーチェーンは、保存したパスワードが「他人が容易に推測できるか」「他のアカウントで何度も使いまわされているか」などの危険を自動で検知して、通知をすることができます。 

通知を受けたパスワードは、漏えいする危険があるため、パスワードの変更を検討したほうがよいでしょう。 

「漏洩の危険があるパスワードを検出」を有効にする方法は、以下のとおりです。 

「漏洩の危険があるパスワードを検出」を有効にする ※クリックして開く
  1. 「設定」アプリを開き、「パスワード」をタップする。 
  1. 「セキュリティに関する勧告」を選択し、「漏洩の危険があるパスワードを検出」をオンにする。
  1. 検出された通知を確認する。 

パスワードの漏えいの危険があると通知された場合、パスワードの変更自体はWebサイトやアプリ上で行う必要があります。 

iCloudキーチェーンでパスワード漏えいのチェックをした場合には、検知された結果を確認したら、そのままWebサイトへアクセスすることが可能です。 

iCloudキーチェーンに保存したパスワードを変更する方法は、以下のとおりです。 

iCloudキーチェーンに保存したパスワードを変更する ※クリックして開く
  1. 「設定」アプリを開き、下にスクロールして「パスワード」をタップする。 
  1. Face ID または Touch ID を使うか、パスコードを入力してロックを解除する。 
  1. Webサイトまたはアプリを選択し、「Webサイトのパスワードを変更」をタップする。 
  1. アクセスした先のWebサイトで案内に沿ってパスワードを変更する。 

iCloudキーチェーンで各サービスに2ファクタ認証を設定する 

2ファクタ認証は、パスワードに加えて確認コードなどの認証情報を設定することで、アカウントのセキュリティを強化する機能です。 

iCloudキーチェーンによって生成した確認コードを、アプリやサービスごとの2ファクタ認証に利用することが可能です。(この機能は2ファクタ認証を設定したいサービス側が対応している場合に利用可能です。) 
※確認コードは、使用するその時1回限り利用が可能で、数十秒ごとに新しいコードが生成されます。 

確認コードを生成する設定方法は、以下のとおりです。(今回はXでの設定方法を例として紹介しています) 

確認コードを生成する設定を有効にする ※クリックして開く
  1. Webサイトまたはアプリで2ファクタ認証の設定を有効にする。 
  1. Face ID または Touch ID を使うか、パスコードを入力してロックを解除する。 
  1. Webサイトまたはアプリを選択し、表示された確認コードを確認する。 
  1. 確認コードを入力し、設定を完了する。 

【参考情報】
Xの2要素認証(2FA)を使う方法

専用のパスワード管理アプリは個人情報の流出監視と流出したときの復旧支援が可能

iCloud キーチェーンだけでなく、専用のパスワード管理アプリでも、安全なパスワードの自動生成や自動入力が可能です。

トレンドマイクロ IDプロテクションは、パスワードの安全な管理機能を備えたアプリです。

アプリに保存したパスワードを呼び出して、キーボードで文字を入力せずに簡単にログインすることができます。

また推測されにくいパスワードを自動で生成できるため、パスワードの使いまわしを防ぐことが可能です。

以下のアプリストアより、無料でダウンロードしましょう。

トレンドマイクロ IDプロテクション無料体験版

QRコードからもアプリのダウンロードが可能です

・トレンドマイクロ IDプロテクションのパスワード管理機能」

複数パスワードの保存
安全なパスワードの自動生成
トレンドマイクロ IDプロテクションのその他の機能
※クリックして詳細を見る

・個人情報漏えい監視
メールアドレス、クレジットカード情報などの個人情報がインターネットやダークウェブに流出していないかを常時監視できます。

情報流出時の対処支援
モニタリングしている個人情報の流出が確認された場合、セキュリティアドバイザーによりメール・電話にて対処方法の支援を受けることができます。

・SNSアカウントのプライバシー保護
SNSアカウント(Google/Facebook/Instagram)に不正利用があった場合に、お客さまのメールに通知したり※1、アカウントのプライバシー設定が安全であるかチェックしたりできます。※2

※1 すべての不正利用を検知することを保証するものではありません。Google および Facebook、Instagramが対象です。
※2 Windows および Mac のブラウザ拡張機能でのみご利用いただけます。

・インターネット利用時のプライバシーの保護
追跡型広告に利用されるWeb閲覧履歴など、広告主や攻撃者による情報収集を防止することで、お客さまのプライバシーを守ります。

・危険なWebサイトを警告
閲覧しているWebサイトが個人情報を盗む不正サイトでないか確認し、不正サイトと判定した場合に警告します。Chrome および Edge のブラウザ拡張機能でのみご利用いただけます。(Windows/Macデバイスのみ対応)

またメールアドレスや個人情報などがインターネット上に漏えいした場合に、それをユーザに通知することが可能です。(各アプリによって機能は異なります。詳細はサービス提供元のホームページなどをご確認ください。)

“iCloudキーチェーン”やパスワード管理アプリを利用して、パスワード管理を楽に行いましょう 

多くのアプリやサービスを利用していると、だんだん覚えなければいけないパスワードが増え、管理が煩雑になっていきます。 

“iCloudキーチェーン”や”トレンドマイクロ IDプロテクション(iOS/iPadOS/Android/Chrome/Edge)“を活用することで、iPhoneでパスワード忘れを防いだり、パスワードの漏えいを確認したりすることができます。 

また、パスワード管理方法は、アプリやOSの標準機能以外にも、メモ帳や表計算ソフトを利用する方法もあります。
それぞれのメリット・デメリットについて以下の記事を参照し、自分に最適な管理方法を見つけましょう。

  • シェア
  • 送る
  • 執筆者情報

    ウイルスバスター
    セキュリティトピックス

    ウイルスバスター セキュリティトピックスは巧妙化、多様化するサイバー攻撃やネット詐欺などの脅威からお客さまを守り、安全に、安心してインターネットを活用いただくためのセキュリティ情報を提供するサイトです。
    運営会社:トレンドマイクロ株式会社

    以下コメント欄からこの記事についての感想をお聞かせください。
    お使いのトレンドマイクロ製品についてのご質問は、コメントではなくこちらのページからお問い合わせください。

    同じカテゴリの人気記事

    パスワードを簡単・安全に管理するおすすめの方法を紹介(無料/有料)  パスワードの使いまわしはなぜ危険?対策の重要性を知ろう ”保存したパスワードの一部がウェブ上に漏洩しました”というメールが届いたときの対処法 【簡単3ステップ】安全で覚えやすいパスワードの作り方 Googleパスワードマネージャーでパスワードを保存・管理する方法 Androidのパスワードを忘れた場合の対処法 | 変更・確認する方法はある?

    無料体験版のご紹介

    パソコンやスマホのセキュリティ対策が気になるときは・・・
    まずは30日間、無料体験してみませんか?

    スマホ・タブレットをお使いのお客さま
    (Android/iOS/iPadOS)

    Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

    パソコンをお使いのお客さま
    (Windows/MacOS)

    Microsoftから入手
    • Windows8.1以上をお使いの方は、Microsoft Storeからもダウンロードできます。
    • 無料体験版をご利用の際は、クレジットカードの登録不要!
    • 30日無料体験版は、無料体験期間終了後、自動で有償版に切り替わることはございません。
    • Windows版とMac版ではご利用いただける機能が異なります。詳しくは機能一覧をご覧ください。
    • TREND MICRO、およびウイルスバスターはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
    • 「Android」、「Google Play」はGoogle LLCの商標です。
    • 「iOS」、「iPadOS」、「MacOS」、「App Store」はApple inc. の商標です。
    • 「Microsoft」はMicrosoft Corporation の商標です。
    ▲