アカウント管理

Apple IDのパスワードを忘れてログインできなくなった場合の対処法

Apple IDのパスワードを忘れてしまって、ログインができず困っていませんか? 
この記事では、Apple IDのパスワードを忘れてログインができなくなってしまった場合の対処法について解説します。 

Apple IDは、iPhoneやiPadなどでアプリのダウンロードなどをする際にも必ず必要になるので、同じアカウントをずっと利用し続けるためにもしっかり把握しておきましょう。 

Apple IDとは? 

Apple IDは、iPhoneやiPad、Mac等のデバイスの設定、アプリや音楽などの購入、FaceTimeやiCloudなどのAppleの各種サービスを利用するためのIDです。 

Apple IDにサインインできないと、iPhoneでのアプリインストールやiCloudなどのサービスが利用できなくなってしまいます。  

また、「Appleでサインイン」を利用してApple以外のサービスに登録している場合には、Apple IDのパスワードを忘れてしまうと、該当のサービスへのアクセスができなくなる可能性があります。 

Apple IDのパスワードを忘れた場合はパスワードをリセットしよう 

Apple IDのパスワードを忘れてしまった場合には、いくつかの方法でパスワードのリセットを行うことで、新しいパスワードを設定できます。 

具体的なパスワードのリセット手順について、状況別に解説します。 

Apple IDにサインイン済みのAppleデバイスを持っている 

iPhoneやその他「信頼済み」Apple製デバイスでパスワードをリセットする 

iPhoneなど、お使いのデバイスにApple IDで既にサインインしていて、あなた本人のものだと確認が取れている「信頼済み」の Apple製デバイスによってパスワードの再設定が可能です。 
パスワードのリセットを行う際には、信頼済みのデバイス上に認証画面が表示されます。 

信頼済みのApple製デバイスでのパスワードのリセット手順は、以下の通りです。 

iPhoneやその他「信頼済み」Apple製デバイスでパスワードをリセットする 
※タップ/クリックすると、具体的な手順が表示されます。
  1. 「設定」アプリを開き、Apple IDのユーザ名をタップする。 
  1. パスワードとセキュリティを開き、パスワードの変更を選択する。 
  1. 画面の指示に沿ってパスワードを変更する。 

・新しいApple製デバイスでパスワードをリセットする 

機種変更など、新しいデバイスのセットアップ中に、Apple IDへのサインイン画面でパスワードのリセットを試すことができます。 
「パスワードをお忘れか Apple ID をお持ちでない場合」を選択し、パスワードのリセットを行ってください。 
※パスワードのリセットを行う際に、信頼済みのApple製デバイスでの認証を求められる場合があります。 

【参考情報】 
Apple ID のパスワードを忘れた場合

Apple IDにサインイン済みのAppleデバイスを持っていない 

・借りたデバイスのAppleサポートアプリでパスワードをリセットする 

Apple 製のデバイスを持っていなくても、Apple IDに紐づけている信頼済みの電話番号があれば、友達や家族などから借りたApple製デバイスを使って、パスワードのリセットを行うことができます。 
この方法はAppleが公式に提供している「サポート」アプリが必要です。 

パスワードのリセット手順は、以下の通りです。 

借りたデバイスのAppleサポートアプリでパスワードをリセットする 
※タップ/クリックすると、具体的な手順が表示されます。
  1. 借りたApple製デバイスで「サポート」アプリを開き、サポートツールからパスワードのリセットをタップする。
    (「サポート」アプリをインストールしていない場合は、こちらからインストールしてください。)
  1. 別のApple IDを選択して「続ける」をタップする
  1. パスワードをリセットしたいApple IDを入力し、「次へ」をタップする。 
  1. 画面の指示に沿ってパスワードのリセットをする。 

【参考情報】 
Apple IDのパスワードを忘れた場合

・アカウント復旧を試す 

信頼済みのデバイスを持っていない場合や、情報が不足していて前述の方法でパスワードをリセットできない場合に、Web上でアカウント復旧を行うことで、Apple IDにアクセスできる可能性があります。
(アカウントを再び使えるようになるまで、数日かかることがあります。また、Webでの手続きでも信頼済みのデバイスの利用を求められる場合があります。) 

アカウントの復旧を行う場合は、こちらから画面の指示に従って進めてください。 

【参考情報】 
Apple ID のパスワードをリセットできない場合にアカウントの復旧機能を使う方法

すべての対処法を試してもパスワードのリセットができなかったら? 

前述の対処法を試してもApple IDにログインできない場合、Apple IDが悪意のある第三者によって乗っ取られている可能性があります。 
Apple IDの乗っ取りが疑われる場合はAppleサポートに連絡してください。 

サポート対応の過程で、以下の書類が必要になる場合がありますので、Appleサポートに連絡する前に手元にあるものだけでも準備しておくとよいでしょう。 

  • 製品の購入日が分かる書類 
  • 販売店名が分かる書類 
  • 販売店名の住所・電話番号が記載された書類 
  • デバイスのシリアル番号(IMEI番号) 
  • 販売履歴に基づいた管理番号が記載された書類 
  • 製品購入価格が記載された書類 

【関連記事】 

Apple IDに適切なセキュリティ設定を行いましょう 

Apple ID はすべてのApple製デバイス・サービスで使われるので、アカウントの情報を最新の状態に保つことが重要です。 

パスワードを忘れてしまった場合に簡単に復旧できるだけでなく、Apple IDのパスワードが流出した場合のアカウント乗っ取りを防ぐためにも、適切なセキュリティ設定を行いましょう。 

以下を参考にApple IDのセキュリティを強化してください。 

信頼できる電話番号/デバイスを確認・更新する 

Apple IDに登録している「信頼できる電話番号・デバイス」を確認、もしくは最新の状態に更新にしておくことで、もしパスワードを忘れてしまった場合でも簡単にパスワードのリセットを行うことができます。 

ここでは信頼できる電話番号とデバイスの確認、編集方法を解説します。

信頼できる”電話番号”を確認・編集する 
※タップ/クリックすると、具体的な手順が表示されます。
  1. 「設定」アプリを開き、Apple IDのユーザ名をタップする。  
  1. 「パスワードとセキュリティ」を開く。  
  1. 電話番号の更新が必要な場合は「信頼できる電話番号」の「編集」をタップし、信頼できる電話番号を追加する。 
信頼できる”デバイスを確認・編集する 
※タップ/クリックすると、具体的な手順が表示されます。
  1. 「設定」アプリを開き、Apple IDのユーザ名をタップする。  
  1. Apple IDに紐づいているデバイスを確認する。 
  1. (処分済みなどで既にアクセスできないデバイスがある場合)該当のデバイスを選択し、アカウントから削除をタップする。 

一度サインインしたデバイスは信頼できるデバイスリストに追加されたままになります。 
不要なものは整理しておくと、パスワードをリセットするときにどのデバイスが有効かわかりやすいです。 

アカウント復旧用の連絡先を設定する 

復旧用の連絡先には、家族や親しい友人なども設定することが可能です。 
※復旧用の連絡先に設定された人が、あなたのApple IDに登録している情報自体を見ることはできません。 

アカウント復旧用の連絡先の設定方法は、以下の通りです。 

アカウント復旧用の連絡先を設定する
※タップ/クリックすると、具体的な手順が表示されます。
  1. 「設定」アプリを開き、Apple IDのユーザ名をタップする。 
  1. 「パスワードとセキュリティ」を開き、「アカウントの復旧」をタップする。 
  1. 「復旧用連絡先を追加」を開き、再度次の画面で「復旧用連絡先を追加」をタップする。 
  1. Face IDまたはTouch IDで認証を済ませ、復旧用連絡先として設定したい人を宛先に指定して「追加」をタップします。 

2ファクタ認証を設定する 

2 ファクタ認証は、たとえパスワードが流出しても、本人以外は Apple ID にアクセスできないようにする認証方式で、セキュリティがより強化されます。 

この設定をすると、新しいデバイスやWebサイト上でApple ID を使ってサインインするときに、パスワードに加えて「信頼できるデバイス」に自動で表示される 6 桁のコードの両方が必要になります。 

また、ほとんどのApple IDでは、2ファクタ認証は初期設定の段階で有効になっていますが、念のため以下の手順を参考に2ファクタ認証がオンになっているか確認しておきましょう。 

2ファクタ認証が有効かどうか確認する
※タップ/クリックすると、具体的な手順が表示されます。
  1. 「設定」アプリを開き、Apple IDのユーザ名をタップする。 
  1. 「パスワードとセキュリティ」を開き、2ファクタ認証がオンになっているか確認する。  

パスワード管理アプリを活用する 

パスワード管理アプリは、紙で記録する手間や、紛失・忘れてしまうのを防ぐのに便利なだけでなく、複数のIDやパスワードを暗号化して安全に一括管理ができます。 

トレンドマイクロ IDプロテクション(iOS/iPadOS/Android/Chrome/Edge)は、あなたの個人情報やパスワードを安全に管理し、不正アクセスや情報流出による被害を未然に防ぎます。

アプリに登録したパスワードを呼び出して、キーボードで文字を入力せずに簡単にログインすることができます。また推測されにくいパスワードを自動で生成できるため、パスワードの使いまわしを防ぐことが可能です。

・パスワード管理

トレンドマイクロ IDプロテクションのその他の機能
※クリックして詳細を見る

・個人情報漏えい監視
メールアドレス、クレジットカード情報などの個人情報がインターネットやダークウェブに流出していないかを常時監視できます。

情報流出時の対処支援
モニタリングしている個人情報の流出が確認された場合、セキュリティアドバイザーによりメール・電話にて対処方法の支援を受けることができます。

・SNSアカウントのプライバシー保護
SNSアカウント(Google/Facebook/Instagram)に不正利用があった場合に、お客さまのメールに通知したり※1、アカウントのプライバシー設定が安全であるかチェックしたりできます。※2

※1 すべての不正利用を検知することを保証するものではありません。Google および Facebook、Instagramが対象です。
※2 Windows および Mac のブラウザ拡張機能でのみご利用いただけます。

・インターネット利用時のプライバシーの保護
追跡型広告に利用されるWeb閲覧履歴など、広告主や攻撃者による情報収集を防止することで、お客さまのプライバシーを守ります。

・危険なWebサイトを警告
閲覧しているWebサイトが個人情報を盗む不正サイトでないか確認し、不正サイトと判定した場合に警告します。Chrome および Edge のブラウザ拡張機能でのみご利用いただけます。(Windows/Macデバイスのみ対応)

トレンドマイクロ IDプロテクション(iOS/iPad OS/Android)無料体験版

トレンドマイクロ IDプロテクション(Chrome/Edge 拡張機能)無料体験版

Apple IDのセキュリティ設定を活用し、Apple IDを大切に利用しよう 

Apple IDアカウントに登録している情報を常に最新にしておくことで、万が一パスワードを忘れてしまっても簡単にリセットすることができます。 

Apple IDと登録されている個人情報を保護するために様々なセキュリティ設定オプションが用意されているので、Apple IDにアクセスできなくなることがないよう、Apple IDのセキュリティ設定や登録情報を定期的に確認しましょう。 

  • シェア
  • 送る
  • 執筆者情報

    ウイルスバスター
    セキュリティトピックス

    ウイルスバスター セキュリティトピックスは巧妙化、多様化するサイバー攻撃やネット詐欺などの脅威からお客さまを守り、安全に、安心してインターネットを活用いただくためのセキュリティ情報を提供するサイトです。
    運営会社:トレンドマイクロ株式会社

    以下コメント欄からこの記事についての感想をお聞かせください。
    お使いのトレンドマイクロ製品についてのご質問は、コメントではなくこちらのページからお問い合わせください。

    同じカテゴリの人気記事

    インスタ(Instagram)にログインできない原因と対処法は? Facebook、Twitter、Instagram(インスタ)、LINEの乗っ取り対策に「二要素認証」や「二段階認証」を設定しましょう Twitterにログインできない原因と対処法は? インスタ(Instagram)のアカウントの削除方法と注意点は?利用解除との違いに注意 LINEのパスワードを忘れてログインできなくなった場合の対処法 Googleのパスワードを忘れてログインできないときの対処法(iPhone / Android/パソコン)

    無料体験版のご紹介

    パソコンやスマホのセキュリティ対策が気になるときは・・・
    まずは30日間、無料体験してみませんか?

    スマホ・タブレットをお使いのお客さま
    (Android/iOS/iPadOS)

    Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

    パソコンをお使いのお客さま
    (Windows/MacOS)

    Microsoftから入手
    • Windows8.1以上をお使いの方は、Microsoft Storeからもダウンロードできます。
    • 無料体験版をご利用の際は、クレジットカードの登録不要!
    • 30日無料体験版は、無料体験期間終了後、自動で有償版に切り替わることはございません。
    • Windows版とMac版ではご利用いただける機能が異なります。詳しくは機能一覧をご覧ください。
    • TREND MICRO、およびウイルスバスターはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
    • 「Android」、「Google Play」はGoogle LLCの商標です。
    • 「iOS」、「iPadOS」、「MacOS」、「App Store」はApple inc. の商標です。
    • 「Microsoft」はMicrosoft Corporation の商標です。