スマホのセキュリティパソコンのセキュリティ

Googleパスワードマネージャーでパスワードを保存・管理する方法

Webサイトをいくつも使っていると、1日に何度もID・パスワードの入力が求められることはありませんか? Chromeから利用できるGoogleパスワードマネージャーを使えば、Webサイトごとのパスワードを覚えなくても、自動的にログインすることができます。
本記事では、Googleパスワードマネージャーを使って、パスワードを安全に保存・管理する方法、さらには保存したパスワードを確認する方法や削除する方法をご紹介します。

※本記事は2023年11月9日時点の情報を基に作成しています。

Googleパスワードマネージャーとは

Googleパスワードマネージャーは、Webサイトで新しいID・パスワードを設定するときに、安全なパスワードを自動で作成し、保存する機能です。
例えば、Chrome上で新しくパスワードを設定するときに「安全なパスワードを自動生成…」というボタンが表示され、推測されにくいパスワードを設定することができます。これが、Googleパスワードマネージャーの代表的な機能です。
Googleパスワードマネージャーで安全なパスワードを生成して保存しておけば、パスワードを覚えたり入力したりする必要はなくなります。
Googleパスワードマネージャーの機能は以下の通りです。

● 安全なパスワードを作成、保存
● パスワードの自動入力
● パスワードを安全に保護

【参考情報】
Google | パスワードを保存、管理、保護する

Googleパスワードマネージャーの使用を開始する

Googleパスワードマネージャーを使用を開始する手順は以下のとおりです。

パソコンの場合※クリックして開く

1.Chromeを開きます。

2.右上の[プロフィール]をクリックします。

3.[同期を有効にする…]をクリックします。
※ ログイン画面が表示された場合はログインします。

パソコンでGoogleアカウントの同期を有効にする設定

4.[ONにする]をクリックします。

パソコンでGoogleアカウントの同期をONにする画面
Androidの場合※クリックして開く

1.Chromeを開きます。

2.右上の[プロフィール]をタップします。

AndroidのGoogle検索画面

3.Googleパスワードマネージャーを使用したいアカウントを選択し、[ONにする]をタップします。
※同期をONにすることで、選択したアカウントでログイン状態になります。

AndroidでGoogleアカウントの同期をONにする画面
iPhoneの場合※クリックして開く

1.ChromeでGoogleアカウントにログインします。

2.iPhoneの設定アプリを開きます。

3.[パスワード]をタップします。

4.画面上の指示に沿って端末のロックを解除します。

iPhone設定アプリでパスワードボタンを表示している画面

5.[パスワード オプション」をタップします。

iPhone設定画面でパスワードオプションを表示している画面

6.「パスワードを自動入力」をオンにします。

7.Chromeを選択します。

8.画面上の指示に沿って設定を完了します。

iPhone設定画面のパスワードオプションから自動入力をONにする画面

Googleパスワードマネージャーでパスワードを作成・保存する

Googleパスワードマネージャーでは、安全なパスワードの作成・保存ができます。手順は以下のとおりです。

パソコンの場合※クリックして開く

Chromeで新しいID・パスワードを入力するとき、パスワード欄にカーソルを移動させると、パスワード候補が表示されます。
表示されたパスワードをクリックすると自動的にパスワードマネージャーに保存されます(サイトの状況によって、パスワード候補が表示されない場合もあります)

パソコンでGoogleパスワードマネージャのパスワード候補が表示されている画面

または、新しいパスワードを入力したときに、パスワードを保存するかどうかを確認するメッセージが表示されることがあります。保存する場合は[保存]をクリックします

パソコンでGoogleパスワードマネージャ機能でパスワードを保存するか確認されている画面

一度パスワードを保存しておけば、それ以降は自動的に入力されるようになります。

Webサイトによっては、パスワードが自動的に保存されないことや、パスワードの保存を確認するメッセージが表示されない場合があります。その場合は、以下の操作を行ってみてください。

1.Chromeで該当のサイトを開きます。

2.ID・パスワードを入力します。

3.Chromeのアドレスバーの右にあるパスワードアイコン(鍵のマーク)をクリックします。

4.パスワードの保存を確認する画面で[保存] クリックします。
※アドレスバーの右にパスワードアイコン が表示されない場合は、一度パスワードを削除して、やり直してみてください

パソコンでGoogleパスワードマネージャを使って手動でパスワードを保存する画面
Androidの場合※クリックして開く

使用している端末によって、表示されるテキストが異なる場合があります。

1.Chromeで該当のサイトのパスワード欄をタップします。

2.キーボードのすぐ上の[安全なパスワードを自動生成]をタップします

AndroidでGoogleパスワードマネージャを使ってパスワードを登録する画面

3.ポップアップでパスワードの候補が表示されるので、[パスワードを使用]をタップします

AndroidでGoogleパスワードマネージャのパスワード候補が表示されている画面
iPhoneの場合※クリックして開く

1.Chromeで該当のサイトのパスワード欄をタップします。

2.キーボードのすぐ上の[パスワードを自動生成…]をタップします。

3.ポップアップでパスワードの候補が表示されるので、[パスワードを使用]をタップします。

iPhoneでGoogleパスワードマネージャのパスワード候補が表示されている画面

Googleパスワードマネージャーで保存したパスワードを確認・削除する

保存したパスワードはGoogleアカウントに保存されています。Googleパスワードマネージャーで、パスワードを確認・削除するなどの管理手順は以下のとおりです。(パソコン/Android/iPhoneで手順は共通です。)

パスワードを確認する(パソコン/Android/iPhone共通)※クリックして開く

1.Googleアカウントのパスワードマネージャーにアクセスします。

2.パスワードが保存されているWebサイトが表示されるので確認したいものを選択します。

Googleパスワードマネージャのトップ画面

3.再度Googleアカウントへのログインが求められるので、パスワードを入力します。
※Androidは、ロック画面のパスキーを求められることがあります。

Googleパスワードマネージャーでアカウント認証を求められる画面

4.目のマークを選択するとパスワードが表示されます。

Googleパスワードマネージャーでパスワードを確認する画面
パスワードを削除する(パソコン、Android、iPhone共通)※クリックして開く

1. Googleアカウントのパスワードマネージャーにアクセスします。

2. パスワードが保存されているWebサイトが表示されるので削除したいものを選択します。

Googleパスワードマネージャのトップ画面

3.再度Googleアカウントへのログインが求められるので、パスワードを入力します。
※Androidは、ロック画面のパスキーを求められることがあります。

Googleパスワードマネージャーでアカウント認証を求められる画面

4.削除ボタンを選択します。

Googleパスワードマネージャーでパスワードを削除する画面

専用のパスワード管理アプリは個人情報の流出監視と流出したときの復旧支援が可能

Googleのパスワードマネージャー以外にも、専用のパスワード管理アプリでも、安全なパスワードの自動生成、パスワードの自動入力だけでなく、メールアドレスや個人情報などがインターネット上に漏えいした場合に、それをユーザに通知することが可能です。(各アプリによって機能は異なります。詳細はサービス提供元のホームページなどをご確認ください。)

トレンドマイクロのパスワード管理アプリ「パスワードマネージャー」は、安全なパスワードを自動で作成・保存できるだけでなく、登録したメールアドレス、クレジットカード番号、パスポート番号、銀行口座番号、運転免許証の情報がインターネットに流出していないかを監視します。流出を確認した場合には、ユーザに通知し、パスワードの変更等、被害拡大を未然に防ぐための対処をお知らせします。
また情報流出や不正利用被害にあった際には、電話・メールによる対処支援を年中無休(電話 9:30-17:30/メール24時間受付))で行っています。

[主な機能]※全ての機能一覧はこちら
①Webサイト上でのパスワードの自動入力
②パスワードの流出有無や安全性の確認
③銀行口座やクレジットカードなどの情報もまとめて管理
④安全なパスワードの自動生成
⑤個人情報の流出監視※有料版のみ利用可能

①Webサイト上での
パスワードの自動入力
②パスワードの流出有無や
安全性の確認
③銀行口座やクレジットカード
などの情報もまとめて管理
④安全なパスワードの自動生成
⑤個人情報の流出監視

パスワードマネージャー(iOS/iPad OS/Android)無料体験版

パスワードマネージャー(Windows/Mac)無料体験版

Googleパスワードマネージャーなどを活用して、パスワードを安全に保存・管理するために

WebサイトのID・パスワードは、ログインに必要なことはもちろん、個人情報にも紐づいた重要なものです。Googleパスワードマネージャーを使用している方は、使い方を確認してパスワードを管理しましょう。
また、トレンドマイクロの「パスワードマネージャー」のように、パスワード管理アプリには、パスポート番号や銀行口座番号などの情報流出を監視したり、電話やメールで対処支援サービスを行ったりするものがあります。
個人情報が流出した際の対処に不安がある方は、利用を検討してみてください。

  • シェア
  • 送る
  • 執筆者情報

    ウイルスバスター
    セキュリティトピックス

    ウイルスバスター セキュリティトピックスは巧妙化、多様化するサイバー攻撃やネット詐欺などの脅威からお客さまを守り、安全に、安心してインターネットを活用いただくためのセキュリティ情報を提供するサイトです。
    運営会社:トレンドマイクロ株式会社

    以下コメント欄からこの記事についての感想をお聞かせください。
    お使いのトレンドマイクロ製品についてのご質問は、コメントではなくこちらのページからお問い合わせください。

    同じカテゴリの人気記事

    Amazonを装った迷惑メールがしつこい!対処法と予防策を詳しく解説

    PC・スマホでパスワードを簡単・安全に管理する方法

    Windows10パソコンの動作が重い5つの原因と軽くする簡単な方法

    Macの動作が重い5つの原因と軽くする簡単な方法

    迷惑メール内のURLやファイルを開いてしまったときの対処法

    商品が届かなかったら?ネットショッピングのトラブルの対処方法

    無料体験版のご紹介

    パソコンやスマホのセキュリティ対策が気になるときは・・・
    まずは30日間、無料体験してみませんか?

    スマホ・タブレットをお使いのお客さま
    (Android/iOS/iPadOS)

    Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

    パソコンをお使いのお客さま
    (Windows/MacOS)

    Microsoftから入手
    • Windows8.1以上をお使いの方は、Microsoft Storeからもダウンロードできます。
    • 無料体験版をご利用の際は、クレジットカードの登録不要!
    • 30日無料体験版は、無料体験期間終了後、自動で有償版に切り替わることはございません。
    • Windows版とMac版ではご利用いただける機能が異なります。詳しくは機能一覧をご覧ください。
    • TREND MICRO、およびウイルスバスターはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
    • 「Android」、「Google Play」はGoogle LLCの商標です。
    • 「iOS」、「iPadOS」、「MacOS」、「App Store」はApple inc. の商標です。
    • 「Microsoft」はMicrosoft Corporation の商標です。